TRAINER

トレーナー紹介

新井 健一

Kenichi Arai

京都市出身

2010年 京都市立伏見工業高校入学 ラグビー部出身
      全国高校ラグビー大会(花園)出場

      京都府代表、世界大会経験あり
2013年 関西大学(大阪)入学

              体育会KAISERS ラグビー部出身

              全国大学選手権出場
2017年 同大学を卒業後大手パーソナルジムへ就職
2019年 同社を退社しフリーランスとして都内で活動

     〜有名タレント・モデル・芸能関係者・経営者など幅広く担当〜

Profile

高校・大学時代はラグビー部に所属。いくつもの全国大会や世界大会に出場し活躍。
アスリートとしてトップレベルのトレーニングを学び、体重の増減や体作りが

パフォーマンスや生活(人生)に与える影響を繊細に体感した。

"ライフスタイルに運動(特に筋トレがオススメ)を適度に取り入れ、食事や睡眠にも気を配ることで健康的にストレスは発散され、ポジティヴになり自信がつく。

ライフサイクルに好循環を生み、長い人生をより謳歌することができる"と感じる。
それらの信念を多くの方に伝えたいと、大手パーソナルジムへ就職。
パーソナルトレーナーとして都内の現場で多くのお客様に伝え、変化をもたらした。
同社にて約2年の現場経験を経て、より自分らしく信念を伝え広めていくため
都内でフリーランスとして活動、多くのお客様に伝え、変化をもたらした。

Message

メッセージ

”世の中で、最も高くつくベッドは何か知ってるかい?’シックベッド’(病床)だよ。あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。だけど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかしひとつだけ、なくなってしまっては再度見つけられない物がある。人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。”

 

“健康な生活を送る本”

 

敬愛する故・スティーブ・ジョブズ最後の言葉の一部です。

私は幸いにも健康なうちに”健康な生活を送る本”に出会いました。

健康な人は理想の体を手に入れてより充実した人生に。

不摂生な生活を送っている人は健康を取り戻し、前者のように。

後悔しない人生を送ってください。充実した人生を謳歌してください。

その、お手伝いをさせてください。

1/2
 

鈴木 沙彩

Saaya Suzuki

静岡県菊川市出身

2012年 磐田東高等学校入学 女子サッカー部出身。

              全国大会出場、静岡県代表経験あり
2014年 常葉大学保健医療学部理学療法学科入学

              理学療法士国家資格 取得

2018年 同大学を卒業後某大手パーソナルジムへ就職

      モデル・著名人・経営者・持病もちの方など

     老若男女幅広いお客様を担当。

     担当したお客様は200名以上

​2019年 講師として全国の企業などでセミナーを開催

      セミナーとしては累計10,000人以上のお客様を指導

      ​全国の企業、自治体、介護施設にて健康を広める

セミナー講師として活躍の場を広げる。

Profile

【所有資格】
理学療法士国家資格 取得
健康経営アドバイザー資格 取得
日本スポーツ医学検定2級 取得

【得意分野】
・ダイエット
・ボディメイク
・姿勢改善
・高齢者トレーニング
・自治体/企業向けセミナー

(運動教室/健康セミナー)

Message

メッセージ

私は静岡県 菊川市 で育ちました。5歳からサッカーに熱中し高校では全国大会に出場、静岡県国体代表選手として真剣にスポーツに打ち込んでいました。

高校時代は大きな怪我や家族の病気など様々な経験の中で「病気で苦しむ方をなくしたい」と思い、大学では理学療法士の国家資格も取得しました。

今まで様々な病気の方や怪我をされた方と携わらせていただき、日本の現状に違和感を持ちました。今の日本は健康寿命と平均寿命の差が約10年あると言われています。これは何を表しているかというと「人生最後の10年ベットで過ごしている」ということをあらわしています。私は理学療法を勉強しているときこの現状に違和感を持ちました。そして「日本の健康寿命を伸ばしたい」と強く思うようになりました。

健康的な体造りとはダイエット・姿勢改善・バルクアップなど様々な場面で関係して参ります。

私がトレーナーとして大切にしている事は、運動も食事も”楽しむ事”です。

JUNGLE GYMへ来ていただいている時間は自分の体としっかり向き合い、より充実した時間を一緒に過ごしましょう。

1/2